グラミー賞受賞「ティンバランド」、Yuga Labsへの出資を明かす
   公開日 : 2022/03/24

グラミー賞受賞「ティンバランド」、Yuga Labsへの出資を明かす

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

グラミー賞の受賞経験を持つ音楽プロデューサー「ティンバランド」が、人気NFTシリーズBored Ape Yacht Club (BAYC)を手掛けるYuga Labs社への出資に参加したことを明かしました。

同氏が投稿した上記ツイートには、先日Yuga Labsが公開した新プロジェクト「Otherside」のティーザー映像が添付されており、今後Othersideにティンバランド自身が携わってく可能性が示唆されています。

ティンバランドは、同ツイートの中で下記コメントを出しています。

“「業界全体が#メタバースの初期段階、分散型オーナーシップ、デジタルアートの新しい世界へと進化を続ける中、私たちは芸術と音楽クリエーターの完全な独立への道をリードし続けます。 – 引用元:Twitter」”

ティンバランドは、昨年11月、メタバース向けの音楽・アニメーションを開発するエンタメ企業兼プラットフォーム「Ape-InPoductions(AIP)」の設立を発表。

さらに、同氏はAIPの取り組みとして、BAYCのキャラクターをメンバーとしたバーチャルヒップホップグループ「TheZoo」を立ち上げています。

TheZooの楽曲『ApeSh!t』のミュージックビデオは、現在Youtube上で公開されています。

記事ソース:Twitter

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事